So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

レンタルサーバー

レンタルサーバーについて。カゴヤやさくら(サクラ)、ロリポップ等。管理人の複数レンタルサーバー利用経験を元に比較や激安サーバー・安心と感じるもの等書いていきます。個人・中小企業向け

 
管理人のイチオシ[モータースポーツ]
さくらのレンタルサーバ スタンダード
次が[手(チョキ)]
エックスサーバー

コアサーバーの無料SSL設定 [その他]

コアサーバーで使っているドメインに、無料SSL設定をしようとマニュアルを見ながらやってみました。

マニュアルページ⇒https://www.coreserver.jp/support/manual/security-free-ssl.php

しかし、どうしたことか、この通りにできませんでした。

マニュアルのここのところ↓でつまづきます。
コアサーバーの無料SSL設定

「ドメイン名」の選択ができないのです。

ドメイン名を入力して探すことができるようになっている感じなのですが、やってみても「No results found」と表示されてしまいます。

coreserver-free-ssl-setting-No-results-found.jpg


サポートに問い合わせたところ、【サイト設定の新規作成】ではなく、【サイト設定の変更】にて行うのだそう。

coreserver-domain-setting-change.jpg

 ↓

コアサーバーの無料SSL設定


無料SSLの反映までには30分~60分程度の時間がかかるそう。

また、転送先を指定している場合、転送先のドメインにもSSL設定が必要とのことです。
(www付きのドメインを、wwwなしのドメインに転送させているケースなど)




CORESERVER.JP(コアサーバー)お試し登録(30日間)




nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

MixHost(ミックスホスト)10%OFFキャンペーン [その他]

高速クラウド型レンタルサーバーのMixHost(ミックスホスト)。

2018年5月25日(金)より、サービス強化の一環として、クラウドレンタルサーバーのディスク容量増量、性能アップ、転送量目安増量が行われています。

【ディスク容量増量】
スタンダード:SSD40GB → SSD50GB
プレミアム:SSD60GB → SSD80GB
ビジネス :SSD80GB → SSD120GB
ビジネスプラス:SSD120GB → SSD160GB
エンタープライズ:SSD160GB → SSD200GB

【性能アップ】
■CPUの性能増強
スタンダード:仮想2コア → 仮想3コア
プレミアム:仮想3コア → 仮想4コア
ビジネス :仮想4コア → 仮想6コア
ビジネスプラス:仮想6コア → 仮想8コア
エンタープライズ:仮想8コア → 仮想10コア

■メモリ容量増強
スタンダード:1GB → 2GB
プレミアム:2GB → 4GB
ビジネス :4GB → 8GB
ビジネスプラス:8GB → 16GB
エンタープライズ:16GB → 32GB

【転送量目安の増量】
スタンダード:1TB/月→ 2TB/月
プレミアム:1.5TB/月→ 4TB/月
ビジネス :2TB/月→ 5TB/月
ビジネスプラス:3TB/月→ 6TB/月
エンタープライズ:4TB/月→ 7TB/月


このサービス強化を記念して、10%OFFキャンペーンが行われています。

2018/5/25~2018/6/30の期間内に12ヶ月契約以上で本契約を申し込むと、請求金額が10%割引されます。

すでにmixhostを利用中で追加申込の場合も利用できます。

適用にはクーポンコードが必要となります。

クーポンコード:HAPPYMIX

本契約に移行する手続きの画面でクーポンコードを入力して使います。

10日は無料で使用できるので、初めての方は試しに利用してみて、それで本契約するかどうか決めるとよさそうだと思います。

ちなみに、12ヶ月契約だと、通常料金は次のようになります。

■スタンダード:年11,760円(税抜)
■プレミアム:年23,760円(税抜)
■ビジネス :年47,760円(税抜)
■ビジネスプラス:年90,960円(税抜)
■エンタープライズ:年182,160円(税抜)

どのプランも初期費用は無料です。

公式サイトはこちらになります↓

MixHost





nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ロリポップ!サーバー コンテンツキャッシュ機能 [ロリポップ レンタルサーバー]

ロリポップ!サーバーで「コンテンツキャッシュ機能」が提供スタートしています。

コンテンツキャッシュ機能というのは、サイトへのアクセスに対してキャッシュサーバーで応答することで、高速で安定したサイト表示を行えるようにする機能。

いま提供されているのはβ版ですが、順次正式版となるようです。

<コンテンツキャッシュ機能 提供開始時期>
【エンタープライズプラン】
β版:2018年3月27日
正式版:2018年4月24日

【スタンダードプラン】
β版:2018年4月3日
正式版:2018年5月8日

【ライトプラン】
β版:2018年4月10日
正式版:2018年5月15日


コンテンツキャッシュ機能の利用料金は無料です。

エコノミープラン以外の3プラン(「ライトプラン」「スタンダードプラン」「エンタープライズプラン」)で利用できます。

初期設定はオフとなっており、利用したい場合にはユーザー管理画面(ユーザー専用ページ)で、設定を行う必要があります。



ロリポップ!


nice!(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット